世界海上保安機関長官級会合

2017/09/20|0 Comments

世界海上保安機関長官級会合における家族写真撮影の様子。 2017年9月14日東京にて、34ヵ国の海上保安長官級と関連機関の代表者らが参加をした、第一回世界海上保安機関長官級会合が開催された。 会合は、日本海上保安庁と日本財団による共同開催で、日本海上保安庁の中島敏長官が議長を務めた。 参加者全員は、現存する地域枠内を超えた、世界各国の海上保安機関による連携・協力関係の構築とその強化に関する重要性を確認し、世界が直面する課題を克服していくとした。 コロネル・ワイス・オマール・ボゴレ保安官が率いるジブチ海上保安庁も、当会合に出席した。

2017 IYF Conference

2017/09/11|0 Comments

ジブチ大使のアホメド・アライタ・アリ閣下と国際青少年連合(IYF)創設者のパク・オクス博士。 アホメド・アライタ・アリ閣下は、2017年9月11日、都内の国立オリンピック記念青少年総合センターで国際青少年連合が主催をした、2017 IYF Conferenceに出席し、カンファレンスでは、平和と団結と友愛をヴィジョンにIYFを設立した、パク・オクス氏が議長を務めた。 来賓として開会式でスピーチを行ったアライタ大使は、明敏さと若い世代の開かれた心を創り上げたIYFの活動を奨励し、若い人々とともに活動をすることは、ジブチ共和国大統領のイスマイル・オマール・ゲレ閣下によって提示された、国の優先策の一つともされているということを強調した。

ジブチ・日本 外相会談

2017/09/05|0 Comments

8月25日、ジブチ外務大臣のムハマッド・アリ・ユスフ氏と、日本外務大臣の河野太郎氏との間で会談がなされた。会談は、モザンビークのマプトで開催され、両大臣も出席した、アフリカ開発会議(TICAD)中に行われた。 会談冒頭では、新たに外務大臣に就任した河野氏に対する、ジブチ外務大臣からの祝意が送られ、ジブチ外相はまた、海賊対処行動の活動拠点として日本の自衛隊を受け入れていることなどを挙げ、両国の良好な関係についても強調した。 二国間関係に関するモハマッド・アリ氏の言葉に対して河野氏は、日本の継続的な貢献について言及し、海運業界の保安能力向上が経済成長、ならびにジブチの発展につながるとした。この他、会談の終わりには、国連安保理改革や北朝鮮問題等に関する両大臣の意見交換がなされた。 Picture: Ministry of Foreign Affairs of Japan

日本財団会長の笹川陽平氏を表敬

2017/09/01|0 Comments

左から、徳洲会アドバイザーのミランガ・ムワナタンブエ博士、ジブチ大使で在京アフリカ外交団副団長のアホメド・アライタ・アリ閣下、 日本財団会長の笹川陽平氏、ケニア大使のソロモン K. マイナ閣下、Professor Masanori NOGI。 2017年9月1日、在京アフリカ外交団の副団長であるアホメド・アライタ大使は、同団体メディア・文化・観光委員会の会長である、ケニア大使のソロモン K. マイナ閣下とともに、日本財団会長の笹川陽平氏を表敬した。会談では、2018年4月に開催される、アフリカスポーツ・文化フェスティバルに焦点があてられた。