東京農業大学へのセレモニー

2019/04/12|0 Comments

アオメド・アライタ・アリ 大使、東京農業大学長 高野克己 経歴とジブチSATREPSプロジェクトの執行チーム。 昨日、2019年4月11日、ジブチと日本への地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の一環として、閣僚であるアオメド・アライタ・アリ大使と東京農業大学長の高野克己の下、東京農業大学でセレモニーが開催されました。 ジブチSATREPSプロジェクトの一環として、共同研究協定は、乾燥地域に適応した農業、飼育、植林での使用のための持続可能な水管理に関する共同研究を立ち上げることを目的としています。 東京農業大学長 は環境保護の事業が実りあるパートナーシップの新たな段階にあることを強調しました。 アオメド・アライタ・アリ 大使と東京農業大学長 高野克己 経歴。 演説の中で、アオメド・アライタ・アリ 大使は常にジブチに寛大さを示す日本の政府と人々にジブチ共和国の誠実な感謝を伝えました。それから、ジブチのSATREPSプロジェクト活動で働いているすべての参加者を祝福しました。

ジャカルタへのジブチ首相訪問

2019/03/18|0 Comments

首相のアブドゥルカダー・カミル・モハメド、ユスフ・カラ・インドネシア副大統領とアオメド・アライタ・アリ 大使。 2019年3月14日から15日まで、ジブチ首相のアブドゥルカダー・カミル・モハメドはジャカルタ・インドネシアに48時間の滞在のため訪問しました。訪問時、首相は、優れたガバナンスと透明性の分野においてイスマイル・オマル・ゲレ大統領のリーダーシップと革新に対する報酬として、ケンブリッジIFA協会から今年のグッドガバナンス賞を受賞しました。 ジブチ首相のアブドゥルカダー・カミル・モハメドはユスフ・カラ・インドネシア副大統領と二国間関係を強化するための方法と手段について話し、それにを応対しました。ジャカルタと東京(日本)のアオメド・アライタ・アリ 大使は話し合いに参加しました。 首相のアブドゥルカダー・カミル・モハメドとユスフ・カラ・インドネシア副大統領 この機会にジブチ首相は、ジブチの地熱産業に関与する国家専門家の能力を強化するため、インドネシア政府のサポートを依頼しました。

暖かな夜食

2019/02/21|0 Comments

アホメド・アライタ・アリ大使とアイマン・カーメル大使、ダイセイ株式会社の田中会長とダイセイ株式会社の佐藤崇副会長。 2018年2月20日、ジブチ共和国大使館のアホメド・アライタ・アリ大使とアイマン・カーメル駐日エジプト大使は、ダイセイ株式会社の田中会長やダイセイ株式会社の佐藤崇副会長、と一緒に、銀座三越 という箱根暁庵のレストランで暖かな夕食をとりました。 アホメド・アライタ・アリ大使とダイセイ株式会社の田中会長

国際オリンピック委員会(IOC)総会

2018/12/03|0 Comments

駐日ジブチ共和国大使館のアホメド・アライタ・アリ大使とジブチオリンピック委員会のアイシャ・アリ・ガラド議長。 過去最大規模の国内オリンピック委員会連合(ANOC)総会が11月26日から12月1日にかけて東京で開催された。代表団長およびジブチオリンピック委員会の議長を務めるアイシャ・アリ・ガラド氏と、駐日特命全権大使アホメド・アライタ・アリ閣下が参加し、重要な議題について有意義な話し合いを行った。