国民議会の女性比率25%引き上げ法案を採択

2018/01/16|0 Comments

ジブチ議会は2018年1月11日(木)に行われた本会議にて、国民議会の女性比率を25%へと引き上げる法案を採択した。 法律案は、先に議会の立法・総務委員会で協議された後、1月2日に開催された2018年最初の政府閣僚会議にて承認された。 イスマイル・オマール・ゲレ国家元首の主導によって実現した今回の法案は、大統領が1999年に就任して以来、数々の改革を重ねてきた。これらの改革の中には、女性の立場を再評価するべく、女性躍進を推進することを目的とした省庁設置などがある。 今回採択された法では、2018年2月に予定される議会選挙にて女性の議席数が全体の四分の一を成すことも明記されている。

国際協力機構の新ジブチ支所長による、アホメド・アライタ・アリ大使への表敬

2017/12/25|0 Comments

アホメド・アライタ・アリ大使、外川徹氏、JICAアフリカ部の担当者2名。 2017年12月21日(木)、国際協力機構(JICA)の新ジブチ支所長となる外川徹氏が、日本のジブチ大使館にてアホメド・アライタ・アリ閣下を表敬した。 アライタ大使は、外川氏の任命を祝福・歓迎し、会談では二国間関係に焦点を当て、両国の協力関係向上のための手段について協議が行われた。

クリスティーヌ・ラガルド氏、ジブチの包括的な経済成長を期待

2017/12/19|0 Comments

ジブチ大統領府にて、イスマイル・オマール・ゲレ大統領からの出迎えを受ける 国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド専務理事。2017年12月18日、ジブチにて。 今週初め、国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド専務理事はジブチを訪問し、ジブチの経済成長に向けた技術面での好影響について、自身の見解を示した。 ラガルド専務理事は、ジブチ大統領、経済大臣、中央銀行総裁との会談を経て、ジブチが周辺地域における物流および技術面のハブとなるチャンスが広がっていることを改めて確認した。

フィリピン沿岸警備隊を訪問

2017/12/15|0 Comments

会談の様子。 ジブチ沿岸警備隊のコロネル・ワイス・オマール・ボゴレ長官は、在日ジブチ大使館のイスマエル・ユスフ・ヘルシ参事官とともに、12月10日から13日の日程で、フィリピンの首都マニラにあるフィリピン沿岸警備隊を訪問した。当訪問は、フィリピン沿岸警備隊長官からの招待によるものである。 両隊員による贈り物の交換。 ワイス長官は、フィリピン沿岸警備隊のジョエル・ガルシア長官代理より暖かい出迎えを受け、海事訓練の分野におけるジブチ沿岸警備隊内の能力構築に向けた協力関係について、充実した意見交換を行った。 今回の訪問には、両沿岸警備隊間の覚書締結を最終段階に進める目的もあった。締結によって、双方での専門性や協力関係が向上すると期待されている。 救助船の乗船。 会談には、在マニラのジブチ共和国名誉領事であるシャルリ・A.Vゴライェブ氏も同席した。