Embassy of Djibouti

/Embassy of Djibouti
­

About Embassy of Djibouti

This author has not yet filled in any details.
So far Embassy of Djibouti has created 35 blog entries.

国民議会の女性比率25%引き上げ法案を採択

ジブチ議会は2018年1月11日(木)に行われた本会議にて、国民議会の女性比率を25%へと引き上げる法案を採択した。 法律案は、先に議会の立法・総務委員会で協議された後、1月2日に開催された2018年最初の政府閣僚会議にて承認された。 イスマイル・オマール・ゲレ国家元首の主導によって実現した今回の法案は、大統領が1999年に就任して以来、数々の改革を重ねてきた。これらの改革の中には、女性の立場を再評価するべく、女性躍進を推進することを目的とした省庁設置などがある。 今回採択された法では、2018年2月に予定される議会選挙にて女性の議席数が全体の四分の一を成すことも明記されている。

By |2018/01/16|Categories: News|

国際協力機構の新ジブチ支所長による、アホメド・アライタ・アリ大使への表敬

アホメド・アライタ・アリ大使、外川徹氏、JICAアフリカ部の担当者2名。 2017年12月21日(木)、国際協力機構(JICA)の新ジブチ支所長となる外川徹氏が、日本のジブチ大使館にてアホメド・アライタ・アリ閣下を表敬した。 アライタ大使は、外川氏の任命を祝福・歓迎し、会談では二国間関係に焦点を当て、両国の協力関係向上のための手段について協議が行われた。

By |2017/12/25|Categories: News|

クリスティーヌ・ラガルド氏、ジブチの包括的な経済成長を期待

ジブチ大統領府にて、イスマイル・オマール・ゲレ大統領からの出迎えを受ける 国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド専務理事。2017年12月18日、ジブチにて。 今週初め、国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド専務理事はジブチを訪問し、ジブチの経済成長に向けた技術面での好影響について、自身の見解を示した。 ラガルド専務理事は、ジブチ大統領、経済大臣、中央銀行総裁との会談を経て、ジブチが周辺地域における物流および技術面のハブとなるチャンスが広がっていることを改めて確認した。

By |2017/12/19|Categories: News|

フィリピン沿岸警備隊を訪問

会談の様子。 ジブチ沿岸警備隊のコロネル・ワイス・オマール・ボゴレ長官は、在日ジブチ大使館のイスマエル・ユスフ・ヘルシ参事官とともに、12月10日から13日の日程で、フィリピンの首都マニラにあるフィリピン沿岸警備隊を訪問した。当訪問は、フィリピン沿岸警備隊長官からの招待によるものである。 両隊員による贈り物の交換。 ワイス長官は、フィリピン沿岸警備隊のジョエル・ガルシア長官代理より暖かい出迎えを受け、海事訓練の分野におけるジブチ沿岸警備隊内の能力構築に向けた協力関係について、充実した意見交換を行った。 今回の訪問には、両沿岸警備隊間の覚書締結を最終段階に進める目的もあった。締結によって、双方での専門性や協力関係が向上すると期待されている。 救助船の乗船。 会談には、在マニラのジブチ共和国名誉領事であるシャルリ・A.Vゴライェブ氏も同席した。

By |2017/12/15|Categories: News|

ジブチ北部を日本代表団が訪問

オボック知事と一行。 元外務副大臣でAFRECO(一般社団法人アフリカ開発協会)会長の矢野哲郎氏率いる一行は、商工会議所の地域統合フォーラム開催を前に、2017年12月2日にジブチの都市タジュラを、その翌日にはジブチ北部のオボック地方を訪れた。 タジュラ知事と一行。 訪問には、JETRO(日本貿易振興機構)代表者2名とUNIDO ITPO(国際連合工業開発機構東京投資・技術移転促進事務所)代表者2名も同行した。 現地の自治体から歓迎を受けた一行は、ジブチ北部での投資機会に関する会談を行った。 ジブチ港公社長官のサード・オマール・ゲレ氏との昼食会。 また4日には、ケンピンスキーホテルにて、ジブチ港公社ならびに長官のサード・オマール・ゲレ氏、在日ジブチ大使、在ジブチ日本大使との昼食会も開催された。

By |2017/12/05|Categories: News|

ジブチ商工会議所、創設110周年を迎える

2017年12月3日、ジブチ商工会議所は創設110周年を迎えた。この日は​、​110周年を記念して開催された5日間にわたる国際展示会の初日でもあり、世界中から1000人以上の参加者、そして400以上の企業がジブチでのチャンスをつかむために会場を訪れている。 日本からも、各業界46以上の企業からなる大規模の代表団がジブチを訪れている。

By |2017/12/04|Categories: News|

ジブチ全国社会保障基金、徳洲会グループ理事長を訪問

アホメド・アライタ・アリ閣下同席のもと、協議がなされた。 ジブチ全国社会保障基金(CNSS)の理事長ハッサン・ロブレ・オブシエ氏率いる一行は、2017年11月4日から9日の日程で、日本の医療グループである徳洲会を訪問した。 ジブチ全国社会保障基金(CNSS)理事長のハッサン・ロブエ・オブシエ氏、 徳洲会グループ理事長の鈴木隆夫氏、在日ジブチ大使による贈り物交換。 訪問中、ハッサン・ロブエ理事長と徳洲会理事長で医師の鈴木隆夫氏の間で実施された協議では、CNSSによる指導およびイスラム開発銀行(IDB)、アフリカ開発銀行(AfDB)によって融資を受けている病院建設プロジェクトの遂行に向けた良好な協力関係についてなど、多くの意見交換がなされた。

By |2017/11/13|Categories: News|

新任在ジブチ日本国大使、アホメド・アライタ・アリ閣下を表敬

アホメド・アライタ・アリ閣下と新任在ジブチ日本国大使の米谷光司閣下。 2017年11月1日、在ジブチ日本国大使として新たに起用された米谷光司閣下は、在日ジブチ大使館のアホメド・アライタ・アリ閣下を表敬した。 ジブチ大使は、任命を受けた米谷閣下を祝福し、外交団の一員として歓迎した。 両大使による会談はジブチと日本の二国間関係に焦点が置かれたほか、医療・エネルギー・インフラなどの業界における協力関係強化等についても協議された。

By |2017/11/07|Categories: News|

アジア‐アフリカ20

在日ジブチ大使館と共同PRは、アジアとアフリカ大陸におけるビジネスの促進を目的に設立された、第2回アジア‐アフリカ20を開催した。 ニューオータニホテルで開催された会は、総勢20名以上の日本のビジネスマンおよびアルジェリア、アンゴラ、ブルネイ・ダルサラーム、モロッコ、ミャンマー、シンガポール、スーダン、ヴェトナムなど16ヵ国が出席した。 外務省アフリカ部長の大菅岳史氏は、アホメド・アライタ・アリ閣下について、ジブチを中心とするアフリカおよびアジア大陸との外交関係強化に関する彼のたゆまぬ努力を高く評価した。また、すしざんまいを展開する喜代村の社長で、「マグロ大王」としても知られる木村清氏や、ジブチ漁業発展に深く携わっている彼の友人もスピーチを行った。 アホメド・アライタ・アリ閣下は参加者全員に対して、2017年12月3日から7日にかけて、ジブチで開催が予定されている国際展示会についても案内をした。当国際展示会では、ジブチ商工会議所110周年記念および世界中に向けたビジネス機会として、特に再生可能エネルギーやコミュニケーションといった各業界の発展を目的としている。

By |2017/10/31|Categories: News|

ソウルにて、韓国‐アフリカビジネスフォーラム開催

アホメド・アライタ・アリ大使と韓国外交部アフリカ局次長。 在韓ジブチ大使として、アホメド・アライタ・アリ閣下は、2017年10月25日、韓国のソウルにて韓国外交部とアフリカ連合が共同開催をした「韓国‐アフリカビジネスフォーラム」に出席した。 アホメド・アライタ・アリ閣下、韓国国際協力団体(KOICA)副理事ならびに派遣団。 滞在中の10月24日、アホメド・アライタ・アリ閣下は、韓国外交部アフリカ局次長と韓国国際協力団体(KOICA)副理事とそれぞれ面会した。

By |2017/10/27|Categories: News|