Embassy of Djibouti

/Embassy of Djibouti
­

About Embassy of Djibouti

This author has not yet filled in any details.
So far Embassy of Djibouti has created 13 blog entries.

ジブチ 未来に向けた大胆で野心的な計画を発表

7月25・26日の2日間に渡って、アフリカ開発銀行が主催をする、第2回日本・アフリカビジネスフォーラムが開催された。期間中、多数の公私両セクターの高官代表者たちは、個々の国、および大陸内での成長と発展のための計画を提示した。 ジブチも同様に、ジブチ港湾とフリートレードゾーンの長官であるアブバカル・オマル・ハディ氏は、ジブチ西部から大陸を横断する鉄道の拡大に関する、確固とした大胆な計画を発表した。2016年に公式開業した鉄道は、エチオピアの首都アジスアベバとジブチのドラエ港をつないでいるが、これは先のジブチのインフラ発展計画における第一歩に過ぎない。 発表で述べられたこの計画の達成目標は、将来的な鉄道の大西洋への拡大としている。セミナー開催中、ハディ氏は、国家と大陸内での地域統合サービスを向上させる必要性についても強調し、また、インフラの発展に資する、ジブチ国内での更なる工業化の必要性についても焦点が当てられた。 会議全体の総評として、ジブチの野心的な計画を効果的に発表し、将来に向けた有望な見解を提示することができたといえる。

By |2017/07/28|Categories: News|

ジブチ港湾代表団の訪日

7月3日から7日にかけて、ジブチ港湾のサード・オマル・ゲレ長官が先導する高官代表団は、日本の3大運送会社(MOL JAPAN、ケイラインジャパン、NYK Container Line)を訪問した。 タジュラ新港湾の長官であるマハマド・オバカル・ウマッド氏と、ジブチ港湾S.A.代表団で市場開発部の長官2名は、国際協力機構(JICA)アフリカ部部長の加藤隆一氏によって迎えられた。 来日の期間中、自動車の積み替えに関する貿易関係の強化と、良好なジブチの投資状況によって開かれた、新たな機会についての協議が行われた。 この機会に、駐日ジブチ大使のアフメド・アライタ・アリ閣下は、ジブチ政府とジブチ国民を代表して、日本政府と日本の人々の寛容さと支援に対する、深い感謝の意を示した。

By |2017/07/10|Categories: News|

DJIBOUTI and the WORLD – 日本版第3号の発行

6月27日、ジブチは独立40周年、およびほぼ同年の歴史を持つ日本との外交関係を祝った。多数の日本の高官、ならびに公私セクターからの参加者は、両国に存在する力強い外交関係の証である。過去40年に渡る、国の各節目を紹介した最新版のDJIBOUTI and the WORLDは、祝賀会会場で配布された。

By |2017/07/04|Categories: News|

ジブチ、フランス語圏として

駐日ジブチ共和国大使のアホメド・アライタ・アリ閣下は、14日(水)に日本のアンスティチュ・フランセを訪問し、ジブチ共和国、フランス語圏そして日本との関係についての質問に答えた。「発見する」という語をキーワードに、閣下は、日本との間に存在する強力な外交関係、ならびにエチオピアとの優良な関係、ジブチの自然の豊かさについて話し、出席者の全員に対し、ジブチの美しさを発見するためにぜひ国を訪れてほしいと述べた。 また、19日(月)の世界中のフランス語圏の促進と価値の日に合わせて、閣下は、東京にあるケベック州政府在日事務所とカナダ大使館が開催した異文化セミナーにおいても、講演のために招待を受けた。この講演は、日本と世界中の外国人との異文化コミュニケーションについて語った、ジャック・プルー教授のプレゼンに続くものとして行われた。

By |2017/06/28|Categories: News|

現代式の多目的港の開業

ジブチ共和国のイスマイル・オマール・ゲレ大統領閣下は、2017年5月24日「ドラレ多目的港」の開港に立ち会った。この多目的港湾の試運転によって、雇用創出や関連事業の多様化、その他社会開発が促されるとされている。 共和国大統領のイスマイル・オマール・ゲレ閣下は、ドラレ多目的港(DMP)の公式新規事業の先頭に就いており、開業式には、ジブチを公式訪問したソマリア大統領のモハメド・アブドゥライ・ファルマージョ閣下と大統領夫人、国連開発基金の理事長、政府高官、議員、ならびに市民と軍隊が参加した。 港湾インフラの主力となるジブチ多目的港の開港は、物流と運送のためのハブになろうとする国の決意を示しており、関連事業とその他社会開発のための事業を多様化させ、雇用を創出する。 アフリカの角における海上貿易の変化 690ヘクタールあるこの港は、10万ものTPL船舶受け入れが可能な超最新式設備を整備しており、当プロジェクトは将来の国の発展に対し、新しい展望を与えるとされている。現場では2015年に建設が始まり、推定5億9千万米ドルが港湾局、ジブチ・フリー・ゾーン、ならびに中国招商局港口(SCHL)によって合同融資された。この最新港の設備は、中国企業ZPMCによって製造され、既にいくつかの海上艦艇によって使用されている。 拡大するハブ ジブチ多目的港は、他4つの新港湾と、天然液化ガス工場、石油ターミナル、2つの新空港建設を含む、一連の大型プロジェクトの最後のものである。これらは、地域内のプラットフォームおよび商業の中心としての役割を果たすために、ジブチの能力を大幅に拡大させるとされている。さらに、エチオピア首都とジブチ港をつなぐ、752kmにわたる鉄道も敷設されている。 ジブチは、アジア、アフリカ、ヨーロッパをつなぐ国際貿易路の中心に位置しており、その港は、年に3万近くもの船舶が通過する、世界で最も多くの国が行き来をするための門戸のひとつとして役割を果たしている。そのなかで、全体の59%をアジアの製品が、21%をヨーロッパが、そして16%を他のアフリカ各国が占めている。 港湾局とフリーゾーンの理事長である、アブバカル・オマール・ハディ氏は、開港式にて、「世界クラスのインフラのおかげで、ジブチは、大陸の主要貿易地としての役割を再び明示している。より技術が発達した大陸内の国々の中で、主要インフラプロジェクトを建設し、実行する能力を世界に対し自信を持って見せることができる。」と述べた。

By |2017/06/28|Categories: News|

ジブチ、フランス語圏として

駐日ジブチ共和国大使のアホメド・アライタ・アリ閣下は、14日(水)に日本のアンスティチュ・フランセを訪問し、ジブチ共和国、フランス語圏そして日本との関係についての質問に答えた。「発見する」という語をキーワードに、閣下は、日本との間に存在する強力な外交関係、ならびにエチオピアとの優良な関係、ジブチの自然の豊かさについて話し、出席者の全員に対し、ジブチの美しさを発見するためにぜひ国を訪れてほしいと述べた。 また、19日(月)の世界中のフランス語圏の促進と価値の日に合わせて、閣下は、東京にあるケベック州政府在日事務所とカナダ大使館が開催した異文化セミナーにおいても、講演のために招待を受けた。この講演は、日本と世界中の外国人との異文化コミュニケーションについて語った、ジャック・プルー教授のプレゼンに続くものとして行われた。

By |2017/06/16|Categories: News|

上智大学開催、アフリカ・デー2017

ジブチ大使のアホメド・アライタ・アリ閣下は、5月25日に上智大学で開催されたアフリカ・ウィークにて、東アフリカ諸国を代表して講演を行い、地域での強力な経済、エネルギー、文化、観光について紹介した。

By |2017/05/26|Categories: News|

武井氏、ジブチと日本の二国間関係について語る

武井俊輔外務大臣政務官は、2017年5月6日、初のジブチ訪問を実施し、マフムッド・アリ・ユスフ外務・国際協力大臣との会談では、日本国外の唯一の拠点をジブチに置く自衛隊による、周辺地域のより積極的な安全性の強化についてを双方で確認するとともに、沿岸警備隊の視察も実施して日本の提供した巡視船にも乗船しました。また、独立40周年を迎えたジブチとの更なる関係性の強化について言及するとともに、今後とも現地での日本の役割を確実に果たしていく旨を述べました。

By |2017/05/10|Categories: News|

日本の防衛大臣政務官、ジブチ公式訪問

左から右:在日ジブチ大使・アホメド・アライタ・アリ閣下、在ジブチ日本国大使・新井辰夫閣下、防衛大臣政務官・宮澤博行氏、防衛大臣・アリ・ハッサン・バードン閣下 日本の防衛大臣政務官である宮澤博行氏は、5月4日から5日にかけてジブチを訪問した。 滞在中、宮澤政務官はジブチ国防大臣のアリ・ハッサン・バードン氏と面会し、現地での平和維持における日本の関与について協議を行った。800人近くいる日本の自衛隊は、アデン湾やソマリア沖を中心に海賊対処行動における鍵となる役割を担っている。 2011年に開設された、日本唯一の海外拠点である自衛隊活動拠点も視察した宮澤政務官は、JAPAN and the WORLD誌のインタビューに対し、ジブチとの技術交換力を高めていくための日本の立場について強調した。2017年3月から2018年1月にかけて、新道路の開通や既存道路の補修の面で、日本はジブチに技術協力を提供している。

By |2017/05/06|Categories: News|

ジブチとシンガポール、協力関係向上に同意

2017年4月23日から28日の3日間に渡るジブチ閣僚のシンガポール訪問によって、両国の新たな協力関係の時代が開かれた。ジブチ大統領府の投資大臣アリ・ゲリ・アブバケル閣下は高官代表団を率い、投資機会と緊密な二国間関係を推進した。また、この訪問を引き立てた、日本に拠点を置くシンガポールのジブチ大使であるアホメド・アライタ閣下も、今回の結果に非常に満足している。 訪問の主軸となった、アリ・ゲリ・アブバケル氏とシンガポール通商産業省大臣のリム・フンキャン氏の面会において、アブバケル大臣は「シンガポールの発展モデルは、東アフリカという地理的位置と安定した政府を持つジブチにとって大きな利益となる。」としたうえで、二国間の経済的結びつきと投資の強化を呼びかけた。 リム・フンキャン大臣も、国の大きさ、戦略的位置づけ、またそれらによる自然的、資源的制限等といった点で、二国間には類似するものがいくつもあることに同意した。そのうえで、鍵となる様々な部門のサービスの発展を支援するために国際貿易のハブをつくり、こうした制限を資産にしようとするジブチの姿勢を称えた。 両大臣は二国間の協力関係の向上に合意し、アホメド・アライタ大使も「この閣僚の訪問は、二国間関係発展のための新しく、かつエキサイティングな展望への道を開いた。」と評価した。また、シンガポール通商産業大臣は、今年中にジブチへ貿易使節団の派遣を検討しているとも述べた。 協働合意の調印 そのほか訪問期間中には、ジブチ国営投資促進庁(ANPI)と、ビジネス環境向上および能力構築に携わっている政府機関のシンガポール企業庁による覚書も調印された。これによって、シンガポール式モデルをジブチに適用するにあたっての知識伝達と専門性維持を容易にする、新しい機会の提供を期待されている。 ジブチ代表団は、政府系機関のスルバナ・ジュロンによって開発された最大工業地帯を含む、様々なガイドツアーに参加した。プロジェクトはシンガポール国内総生産(GDP)の25%を産み出し、石油化学部門を中心に10万人を雇用している。訪問に先立って実施されたスルバナ・ジュロン本社での事前説明のなかで、ジブチ代表団は類似の展望および課題を持つジブチ経済フリーゾーンを紹介した。 浮浅橋を製造する造船所の視察 世界規模の造船所であるセムコープ・マリンへの視察は、ジブチ代表団にとって非常に興味深いものとなった。この造船所は、国際市場の85%を占める浮浅橋を製造することで国際クラスへと成長し、新しいフローティング液化部門は、液化天然ガス(LNG)ターミナル建設に向けての有益なセクターとされている。 アホメド・アライタ大使が「多数のシンガポール政府高官との面会によって、ジブチの国としての評価を高めることができた」と述べるように、シンガポール側は、ジブチ訪問とそこでの好機を探ることに興味を持っていると伝えた。また、投資推進とシンガポールの国際協力中心役である国際エンタープライズ・シンガポール(IES)の役人も同様の意見を残した。 ジブチ閣僚の代表団は、投資大臣のアリ・ゲリ・アブバケル閣下を筆頭に、日本駐在のシンガポールのジブチ大使であるアホメド・アライタ・アリ閣下、大統領府顧問のアデン・アホメド氏とサミール・モウティ氏、国営投資促進庁理事長のマフディ・ダラッド・オブシエ氏、同庁高官のアリ・フマッド氏によって編成された。

By |2017/05/01|Categories: News|