アホメド・アライタ・アリ大使グエン・クオック・クオン外務次官。

ベトナムは、中東・アフリカ諸国との貿易・協力関係を強化するつもりです。 そのために、国連、世界銀行、欧州連合、フランコフォニー国際機関と国際協力機構(JICA)のような代表的な機関に加えて、約60人参加を集めた「2019年、中東・アフリカからの大使である会合」が2019年9月9日と10日にハノイで開催されました。

このハイレベル会合の目標の1つは、行動計画を達成するためのアクションの優先順位を設定し、最善の戦略を議論することでした。 ベトナムの介入部門には、電気通信、農業、医療、教育が含まれます。

アホメド・アライタ・アリ大使グエン・スアン・フック・ベトナム社会主義共和国 首相。

ジブチ共和国のアホメド・アライタ・アリ在ベトナム特命全権大使(兼轄・日本常駐)は、地域間貿易を容易にするために自由貿易地域の使い方を強調しました。また、ジブチのリーダーシップと電気通信部門への興味を示した。ついに、パートナーシップの機会を指摘した。

アホメド・アライタ・アリ大使は、中東とアフリカからの同僚全員を代表して、閉会の挨拶をしました。大使は、「話す者は播く。聞く者は収穫する。では、あなたは話したので、播いた。私達は聞いたので、収穫した。」というアフリカのことわざに結論付けました。

中東とアフリカからの同僚全員を代表して、閉会の挨拶をしているアホメド・アライタ・アリ大使

大使の傑出した発言は、閉会セッションに参加したグエン・スアン・フック・ベトナム社会主義共和国 首相とすべての参加者から温かい拍手を受けました。ベトナムが始めた最初の「2019年、大使である会合」は、大成功でした。