アホメド・アライタ・アリ大使、TICAD7の情報会議時。

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)は、2019年8月28日〜30日に横浜市で開催され、より効率的に手を組むことが期待されます。

TICAD7というアフリカ-日本の大きなイベントは、企業景況と制度の進歩に焦点を当てます。

経済の変化がアフリカ日本間の官民の議論、投資、そして人材育成と職業訓練の改善に大きく影響を与えます。

在ジブチ日本国大使、米谷光司氏

アフリカの国家元首、国際機関、ドナー国、民間企業等と市民社会団体は、接続性を改善し、ブルーエコノミーを促進するために、品質インフラをサポートする方法と手段について話し合います。

日本、国連、国連の開発ためのプログラム、世界銀行とアフリカ連合委員会は共同で開発会議を開催しており、2016年にケニアのナイロビで開催された前回の開発会議ではアフリカ大陸の社会経済の発展に力を入れるよう国家元首の方々を勢いづけました。