君主はタイの公認外交団に拝謁を許した。

2019年5月6日、ジブチ共和国の非居住者大使として、アハメド・アライタ・アリ 大使と妻のヤスミン・アハメド・ムッサは、タイの新しい王であるラーマ10世の戴冠式に参加しました。

ラーマ10世とスティダー女王

プミポン・アドゥンヤデート陛下が2016年10月13日に88歳で亡くなった後、66歳で国王陛下のマハーワチラーロンコーンが即位しました。