アオメド・アライタ・アリ 大使、東京農業大学長 高野克己 経歴とジブチSATREPSプロジェクトの執行チーム。

昨日、2019年4月11日、ジブチと日本への地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の一環として、閣僚であるアオメド・アライタ・アリ大使と東京農業大学長の高野克己の下、東京農業大学でセレモニーが開催されました。

ジブチSATREPSプロジェクトの一環として、共同研究協定は、乾燥地域に適応した農業、飼育、植林での使用のための持続可能な水管理に関する共同研究を立ち上げることを目的としています。

東京農業大学長 は環境保護の事業が実りあるパートナーシップの新たな段階にあることを強調しました。

アオメド・アライタ・アリ 大使と東京農業大学長 高野克己 経歴。

演説の中で、アオメド・アライタ・アリ 大使は常にジブチに寛大さを示す日本の政府と人々にジブチ共和国の誠実な感謝を伝えました。それから、ジブチのSATREPSプロジェクト活動で働いているすべての参加者を祝福しました。