ウェリントンには、アオメド・アライタ・アリ大使と ニュージーランド総督というパツシィ・レディさん

2018年4月11日、アオメド・アライタ・アリ 大使は、ニュージーランド総督というパツシィ・レディさんに、信任状を紹介しています。どこに イスマイル・オマル・グエレの優秀さなジブチの共和国大統領は、ニュージーランドから臨時大使とジブチ共和国の全権委員の面で、彼を東京に居住していると認定しました。

この機会に、ジブチの安定な政局、国の成長の潜在とロギスチクとアフリカの一体に開けている港のインフラへの長所を並べながら、アオメド・アライタ・アリ大使は貿易と文化の交流で二国間関係を強めることが必要だと言いました。

大使はジブチが大な地熱の潜在があり、イスマイル・オマル・グエレさんという共和国大統領のビジョンによると、次の年に、ジブチはグリーンエネルギーを使う国になりたいことを思い出した。特に、アオメド・アライタ・アリ大使は、ニュージーランドとアフリカの協力の間の中で、地熱資源と風力エネルギーの開発に対するということでジブチの関心を強調した。

ウェリントンには、信任状の授与式のとき、アオメド・アライタ・アリ大使と文化党のメンバー。

訪問の時に、大使は、サラ・アグネさんという政治顧問の前で, 外務貿易省のアフリカと中東部の除法事務局長というスチュアート・ホーンさんと会いました。

意見交換は非常に実りがあり、議論は再生可能エネルギー(地熱資源と風力エネルギー)、奨学金と飼育についてでした。

遂に、アオメド・アライタ・アリ大使は、オークランドに、民間企業のビジネスマンと会えた、私たちの国の長所と時期についてご紹介しました。