国民議会の女性比率25%引き上げ法案を採択

ジブチ議会は2018年1月11日(木)に行われた本会議にて、国民議会の女性比率を25%へと引き上げる法案を採択した。 法律案は、先に議会の立法・総務委員会で協議された後、1月2日に開催された2018年最初の政府閣僚会議にて承認された。 イスマイル・オマール・ゲレ国家元首の主導によって実現した今回の法案は、大統領が1999年に就任して以来、数々の改革を重ねてきた。これらの改革の中には、女性の立場を再評価するべく、女性躍進を推進することを目的とした省庁設置などがある。 今回採択された法では、2018年2月に予定される議会選挙にて女性の議席数が全体の四分の一を成すことも明記されている。