世界海上保安機関長官級会合における家族写真撮影の様子。

2017年9月14日東京にて、34ヵ国の海上保安長官級と関連機関の代表者らが参加をした、第一回世界海上保安機関長官級会合が開催された。

会合は、日本海上保安庁と日本財団による共同開催で、日本海上保安庁の中島敏長官が議長を務めた。

参加者全員は、現存する地域枠内を超えた、世界各国の海上保安機関による連携・協力関係の構築とその強化に関する重要性を確認し、世界が直面する課題を克服していくとした。

コロネル・ワイス・オマール・ボゴレ保安官が率いるジブチ海上保安庁も、当会合に出席した。