ジブチ投資促進庁ワンストップ・ショップの開業

2017年3月12日、ジブチ共和国大統領のイスマイル・オマール・ゲレ閣下は、ジブチ投資促進庁(NIPA)のワンストップ・ショップを開業した。 開業日には、カドラ・マフムド・ハイド大統領夫人兼ジブチ婦人連盟理事長、モハメド・アリ・フメッド国民議会議長、アブドゥルカデル・カミル・モハメッド首相、各政府大臣、民間企業代表者、ユスフ・ムサ・ダワーレ議会長、ならびに多数の外交官と国連高官が出席した。 詳細な説明の中には、注目すべき要点もいくつかあった。 まず、NIPAによって規定されたワンストップ・ショップの組織は、適切な審査を施す能力と、民間企業の成長を支援するための技術的サポートとアドボカシーを提供する責任がある国家体系のひとつであり、このことがジブチ共和国を強く、利益を出す国へとしている。これらすべての業務は、実効性、民間企業による49%の率での資本利用可能性、および優れた統治力と公共部門と民間部門で決定権を持つ者との信頼関係を示している。 ワンストップ・ショップの構造は、国内外の投資家や法人が、一ヵ所で、かつ割引価格で必要手続きを行うことができるように仕組みになっている。この建物では、NIPAの各役職からの男性と女性、および多様なパートナー施設からの人々も働いている。